脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

バッド・カンパニー/フィール・ライク・メイキン・ラヴ

Bad Company - Feel Like Making Love

ソウルフルなヴォーカリスト、ポール・ロジャースがハートフルに歌い上げる曲です。

ポールの押さえ気味のヴォーカルとカントリー調のコーラスが絡み合う耳心地の良いメロディ。アメリカ市場を意識しているのが良く分かります。売れ線のアメリカン・ロックには美しいハーモニーが付きものですからね。

とはいえサビの部分ではハードなブリティッシュ・ロックまるだし。特にミック・ラルフスの泣きのギター。イイ音出してます。

バドカンは延々とギター・ソロをやるようなバンドでないためミック・ラルフスというギターリストも過小評価していました。派手さはないけれど、堅実な素晴らしいギタリストですね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スポンサーサイト

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

バッド・カンパニー/バッド・カンパニー

Bad Company - Bad Company

ポール・ロジャースお得意のソウルフルなバラードです。ポール・ロジャースが奏でるイントロのピアノが何とも雰囲気を盛り上げてくれてます。

ポップな曲調の多いバッド・カンパニー・ナンバーにおいて、“フリー・スピリッツ”を引き継いだとも言える哀愁をおびたヴォーカルは健在でした。

しかし、フリー時代の暗く物悲しい哀愁をおびた歌声とは違い、むしろ安らぎすら覚えますね。

改めてポール・ロジャースの歌唱力の凄さを実感させられた曲です。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

バッド・カンパニー/キャント・ゲット・イナフ

Bad Company - Can't Get Enough

フリー解散後、ポール・ロジャースが結成したグループが “バッド・カンパニー”。メンバーは元フリーのポール・ロジャースとサイモン・カーク、ギターに元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、ベースには元キング・クリムゾンのボズ・バレル、という凄腕揃いのスーパー・バンド。

サウンドはアメリカ市場を意識したためかブルーズ色は薄まり、キャッチーなハード・ロックという感じでしたね。

デビュー曲の「キャント・ゲット・イナフ」は日本でもヒットして、当時、ラジオでもよく耳にしたのを覚えています。

特筆すべきはポール・ロジャースのギター。ミック・ラルフスとのツイン・リードで、たどたどしいポールのギターが別な意味での緊張感を生み出していましたね(笑)。

この動画ではポールもギターの腕を上げたのか、その緊張感を味わえないのが少し残念です(笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home

Home

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。