脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

グランド・ファンク・レイルロード/ハートブレイカー

Grand Funk Railroad - Heartbreaker

グランド・ファンク・レイルロードの泣きの名曲。

マーク・ファーナーの哀愁ただよう歌声とブルージーなギター・ソロは、ウェット感に満ちていて、まるでブリティッシュ・ロック。

当時、全米を席巻していたツェッペリンやディープ・パープルを始めとするブリティッシュ・ハード・ロック勢に対して、俺達アメリカ人もこんな曲を書けるんだと誇示しているようです。

圧巻なのは曲が終わったと思わせておいて再びギター・ソロに突入。このスリリングな展開は何ともいえませんねぇ。

1971年に後楽園球場で行なわれた来日コンサートは今や伝説となっています。失恋ソングに相応しい涙雨。降りしきる雨の中で、観客がこの「ハートブレイカー」を一緒に大合唱したそうです。

ただ涙雨にしては、いささか量が多かったようです。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スポンサーサイト

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

グランド・ファンク・レイルロード/アメリカン・バンド

Grand Funk Railroad - We're an American band

タイトルどおりの典型的なアメリカン・ハードロック。

カラッとした陽気なノリで、何の飾り気もなくパワーで押し通す様はいかにもアメリカンですね。

イントロは最高にカッコよかったのですが、昔、日テレ系で放送されてた『進め! 電波少年』のオープニング・テーマ曲に使われていたため、今でもこの曲を聴くと反射的に番組を思い出してしまいます。全くパブロフの犬状態です(笑)。

番組やCMに使われると大勢の人達に聞いてもらえるメリットがある半面、変な色がついてしまうことも・・・。それも考えもんですねぇ。

キーボードのクレイグ・フロスト(Craig Frost)が加入したのを機に、アルバム『We're an American band』よりバンド名を「グランド・ファンク(Grand Funk)」に変更したものの、一般的にはあまり認知されなかったようですね。

何よりこの動画でもクレジットが「Grand Funk Railroad」。思わず笑ってしまいました。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home

Home

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

The Endless River (Deluxe CD Blu-ray version)

新品価格
¥1,182から
(2017/2/16 19:04時点)

Live at the Orpheum

新品価格
¥594から
(2017/2/16 19:11時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。