脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ザ・デュークス・オブ・セプテンバー/『ライヴ・フロム・リンカーン・センター』

The Dukes of September - Who's That Lady

ドナルド・フェイゲンのライヴ映像を探していたら面白い映像を見つけました。2010年にドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルド、ボズ・スキャッグスの3人が、ライヴ・パフォーマンスを行うために結成した「ザ・デュークス・オブ・セプテンバー」。2012年11月、ニューヨークのリンカーン・センターで行われたライヴ映像です。

セットリストは各自のヒット曲とソウル・ミュージック等のカヴァー曲で構成されていたようですね。「フーズ・ザット・レイディ/Who's That Lady」も見慣れないタイトルだと思ったら、アイズレー・ブラザーズのカヴァーでした。

めったに見れない取り合わせでなかなか豪華ですねぇ。ただ、落ち着いたパフォーマンスだけど、それぞれのヴォーカル・パートも短く、個性的といった面ではちょっと物足りないかな?

それよりも何よりも目が惹きつけられたのは、バックでギブソンSGを巧みに操るギタリスト。派手でもトリッキーでもないけれど、これが地味に上手い!! 

調べてみると「ジョン・ヘリントン/Jon Herington」という人で、スティーリー・ダンのレコーディングやツアーのサポート・メンバーだったそうです。なるほど、上手いわけだ。納得!

The Dukes of September - Lowdown

次に自動再生で流れてきたのが、ボズ・スキャッグスの大ヒット・ナンバー「ロウダウン」。フルートの調べを聴いた瞬間に懐かしさがこみ上げてきましたねぇ。

『シルク・ディグリーズ』のレコードは持っていたけど、コピーしたカセットテープを紛失したために、10年以上聴いていなかったなぁ。

この曲でもジョン・ヘリントンが大活躍。曲にマッチしたギター・ソロが心地よいです。上手い人はどんな曲にも対応できるなぁと思っていたら・・・。ボズ・スキャッグスのツアーにも参加していたそうです。どうりで。

The Dukes of September - Peg

ドナルド・フェイゲンの曲は、スティーリー・ダンからの選曲で「ペグ」。いつ聴いても心地よいコードワーク。言う事なしの安心の1曲ですね。

児童向けのチープな楽器といった印象のピアニカも、ドナルドが演奏するとオシャレな楽器に早変わり。もう少しきちんと聴きたかったなぁ。

The Dukes of September - What A Fool Believes

マイケル・マクドナルドは、やはりドゥービー・ブラザーズ時代の名曲「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」。この曲もイントロを聴いただけで、至福の時を過ごせますね。

ただ、ヘリントンのギターソロはフュージョン寄りの演奏で期待したものではなかったですね。やっぱりドゥービー・ブラザーズでの在籍経験のなさが響いたのでしょうか?(笑)

とはいえ大御所3人に囲まれながらも、この存在感はスゴイ! 最初はドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルド、ボズ・スキャッグスの3人のパフォーマンスを楽しみにしていましたが、見終わってみれば殆どジョン・ヘリントンに釘付けでした。

ちなみにグループ名が「ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー」と表記されている音楽サイトが多くて、正式名称?・・・と思っていましたが、どうやら『リズム・レヴュー/Rhythm Revue』はツアーやコンサートの名称のようです。

【私信】s*t*manさん、メールの受信設定が変更されてしまったのか返信メールを送れません。設定確認してください。

HMV ONLINE

■DVD/Blu-ray
Live From Lincoln Center - ライヴ・フロム・リンカーン・センター
ドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルド、ボズ・スキャッグスのスパースター・トリオが2012年11月に開催したニューヨーク公演を収録。

※リンク先には、細心の注意を払っておりますが、リンク違いや再発により情報が古く なる可能性があります。商品をご購入の際には、いま一度、商品内容をご確認くださいます様お願い致 します。

スポンサーサイト

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スティーリー・ダン/ペグ

Steely Dan - Peg

都会的センス溢れたオシャレな曲「ペグ」。バックに流れるエレピ・サウンドはオシャレの極致! あまりの心地よさに脳みそがとろけそうです(笑)。

同じコード進行を『彩(エイジャ)』のレコーディングに参加したラリー・カールトンが自身の曲「ルーム335」で使用していたので、てっきり、この曲のギターはラリーだと思っていたのですが・・・。

英語版Wikipediaによると、ギターで参加していたのはスティーブ・カーンとジェイ・グレイドン。特に、ギターソロは7人のセッション・ギタリストが演ってみたもののダメで、最後に演った最終的にジェイのテイクが採用されたとのこと。おそらく、ラリーも落選組の一人。けれど、この曲気に入っていたんでしょうね。悲しき片思いです。

確かに、ダブル・チョーキングで始まるジェイのソロは印象的でカッコいいです。 映像は別のギタリストですが、オリジナルを踏襲していて嬉しいですねぇ。

スティーリー・ダンは変にライヴ用にアレンジを変えるよりは、レコードをそのまま再現してくれた方が良いです。それだけ完成度が高いのですから・・・。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スティーリー・ダン/ドゥ・イット・アゲイン

Steely Dan - Do It Again

ロック全盛の70年代であってもラジオから聴いてみたい曲の垂れ流しって訳ではなかったので、必然的にカセットを用意してお目当ての曲がかかるのをひたすら待ったものでした。なので、○○特集なんていうのは非常に美味しかったですねぇ。

気になるグループのひとつスティーリー・ダンもなかなか聴くチャンスに恵まれなかったのですが、ある日遂に、スティーリー・ダン特集が・・・。

その時の1曲目が「ドゥ・イット・アゲイン」でした。噂どおりジャズなどを取り入れたアダルとな雰囲気で緻密なサウンド。一発で気に入りましたね。

最終的にはウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンの2人による音楽ユニットになってしまいましたが、デビュー当時はこの映像に見られるように6人組のバンドでした。

ドナルド・フェイゲンが歌に自身がないということで、リード・ボーカルにデヴィット・パーマー。ドラムがジム・ホッダー。ベースとキーボードにはそれぞれウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲン。

そして、2人のギタリスト。デニー・ダイアスと・・・。あれ? ジェフ ”スカンク” バクスターがコンガを叩いている! 確かにこの曲コンガがなければ締まりませんから、ジェフがコンガにまわされたのでしょうか。

ただこのメンバーだけではスタジオ・ヴァージョンを正確に再現するのは無理だったのですかね。エレクトリック・シタールとそれに続くサイケなシンセのソロのパートが好きだったのですが・・・。

Steely Dan - Do It Again (Studio Version)

ドナルドは歌に自信がないといいながら、スタジオではしっかり歌ってます(笑)。しかし、デヴィット・パーマーの立場は・・・?

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home

Home

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。