脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ブライアン・メイ/シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン

The Brian May Band - Since You've Been Gone

1993年6月、ロンドンのブリクストン・アカデミー公演の映像。

レインボーの「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」を聴くたびに、サビ前のエレピとギターの絡みがクイーンっぽいなと思っていましたが、そのクイーンのブライアン・メイがこの曲をカヴァーしていました! 何でもレインボーのカヴァー・ヴァージョンを非常に気に入っていたらしいです。

ブライアン版では女性コーラスが加わった分、ゴージャスな雰囲気満載。よりポップさに磨きがかかっていますね。

リッチー・ブラックモアはハイ・ポジションでコードを弾いていましたが、ブライアンはローコードを多用。開放弦のきらびやかな響きを取り入れたかったのかな? ローポジションでの頻繁なコードチェンジがカッコいい!

ギターソロはチョット、ブルージー。以外にもリッチーのほうがポップなソロを弾いていますね。

こうやって見比べてみると結構違いがあって面白いです。しかし、最大の共通点で最大の驚きは・・・。

ドラムがコージー・パウエル!!! コージーはこの曲が嫌いだったのでは? ビジネスのため? その割にはノリノリで叩いているようにも見えますが・・・。

世の中わからないことだらけ・・・。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

クイーン/手をとりあって

Teo Torriatte(Let Us Cling Together)

早いもので、東日本大震災発生からもう1ヶ月。

ラジオからは連日、被災者へ励ましのメッセージが込められた曲が流されていますね。そんな中で懐かしい曲がありました。クイーンの「手をとりあって/Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」です。

日本のファンへの感謝のしるしとして、一部の歌詞を日本語で歌ったことは嬉しくもありましたが、そのたどたどしさには苦笑いでしたね。

いい曲なのにもったいない。そこまで無理しなくても普通に英語で歌ってくれたほうが良かったのに・・・とも思ったものでしたが今は違います。

日本語で歌ってくれてありがとう!

これが素直な気持ち。フレデイ・マーキュリーの発するメッセージが、数々の暗い報道で傷ついた心に染みわたりますねぇ。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

クィーン(+ポール・ロジャース)/タイ・ユア・マザー・ダウン

Queen - Tie Your Mother Down

クィーンの公式チャンネル『queenofficial』があったので、その中からノリのいいロックン・ロール・ナンバー「タイ・ユア・マザー・ダウン」。

開放弦とロー・コードによるドライヴ感あふれるブライアン・メイのギター・リフ。このリフを聴いただけで、もう気分は最高潮! エモーショナルなソロやスライドもタマリませんねぇ。

ブライアンはアンサンブルに徹した演奏が多いのですが、ココでの主役は紛れもなくブライアン・メイ、その人。ノリがいいだけでなくギタリスト、ブライアン・メイが大きくフィーチャーされている点でも「タイ・ユア・マザー・ダウン」、好きです!!

Queen + Paul Rodgers - Tie Your Mother Down

2005年5月9日、イギリス、シェフィールド・アリーナでのライヴを収めた『リターン・オブ・ザ・チャンピオンズ』の映像。

コンサートの幕開けを飾るオープニング・ナンバー「リーチング・アウト(Reaching Out)」。“Nordoff-Robbins Music Therapy Center” を支援するためにブライアン・メイとポール・ロジャースが録音したチャリティー・シングルだそうです。

ポールの歌声は素晴らしいけど、これがクィーンのコンサート?と思っていると、ブライアンが登場して「タイ・ユア・マザー・ダウン」のリフ。これで会場も一気に大興奮。なかなか憎い演出ですねぇ。

もっと違和感があると思っていましたが、ポールのヴォーカルもシックリはまっていますね。シンプルなロックン・ロールは演者を選ばないという事でしょうか?

“クィーン+ポール・ロジャース” のヴァージョンも予想以上に良いです。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home  | Next »

Home  | Next »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い