脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ピンク・フロイド/ラウダー・ザン・ワーズ~終曲

Pink Floyd - Louder Than Words

ピンク・フロイドはアルバム『ファイナル・カット/The Final Cut』や『鬱/A Momentary Lapse Of Reason』にあまり馴染めませんでした。やっぱりデイヴ・ギルモア、ロジャー・ウォーターズ、リック・ライトそしてニック・メイスンの4人が揃ってこそピンク・フロイドだなぁという思いがあり、以後の活動に対する興味はかなり低下していましたね。

2014年にピンク・フロイド20年振りのニュー・アルバム『永遠(TOWA) /The Endless River』がリリースされた時もほとんど関心がなかったです。

しかし、先日Amazonのバーゲンコーナーでそのアルバムが投売りされているのを発見! Blu-rayディスク付のデラックス版が1,000円ちょっとで手に入る。さすがにこの価格は魅力的だ! ということで早速YouTubeで試聴してみると・・・。

「クレイジー・ダイアモンド」っぽい出だしは良いんだけど、歌が入らず退屈な空気が流れ10分ほどで試聴終了。とはいえ何か引っかかるものがあり悩んだ末、やっぱりあの安かった時に買っておけばよかったと後悔するより、買って後悔しようと思い購入することにしました。結果は・・・。

さすがステレオ。当たり前ですがノートPCで聴くのとでは音の広がりは雲泥の差。やっぱりピンク・フロイドはYouTubeで試聴したらダメだなぁと思いながらも、楽曲の出来はというとYouTubeで試聴したとおり起伏に乏しく弛緩した空気が流れ、スピーカーの前に鎮座してじっくり聴こうとするのはかなりの苦行。唯一の救いはネットをやりながらのBGMに最適だったことです。

所々に過去のアルバムのエッセンスが散りばめられているので、聴き流している分にはそれも心地よく感じられます。おかげで今ではネットやるときには、このアルバムばかり掛けていますねぇ。(笑) そんな中である変化が・・・。

『永遠(TOWA) 』の中で唯一の歌入り楽曲が、アルバムラストを飾る「ラウダー・ザン・ワーズ~終曲(フィナーレ)」。最初のころは他の楽曲同様、聴き流していたのですが、ある時ふとじっくりと聴いてしまいました。

灼熱の砂漠をのどの渇きに耐えて彷徨っていたら、目の前にオアシスが現れた。とそんな感覚に近いかな。聴き慣れてきた事もあるのでしょうが、結構いい曲じゃないかと・・・。最近はこの曲になるとネットの手を休めて聴き入っていますね。(笑)

『永遠(TOWA) 』は、内容的にはいろいろ不満に思うところも多いですが、価格的に「ラウダー・ザン・ワーズ~終曲(フィナーレ)」のシングルにボーナストラック満載と考えれば悪くない買い物でしたね。

HMV ONLINE

■CD/LP
The Endless River - 永遠 (TOWA)
2014年発表。ピンク・フロイド20年振りのニュー・アルバム! 2008年に死去したリック・ライトへのトリビュート作品。

※リンク先には、細心の注意を払っておりますが、リンク違いや再発により情報が古く なる可能性があります。商品をご購入の際には、いま一度、商品内容をご確認くださいます様お願い致 します。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ピンク・フロイド/クレイジー・ダイアモンド

Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond (Parts 1)

Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond (Parts 2)

『狂気』と『炎~あなたがここにいてほしい』のデラックス・エディションが出るっていうんで、ようやくこの2枚の購入に踏み切れそう。いつか未発表音源収録のアルバムが出るんじゃないかという思いからCDを買う気にはなれなかったですからねぇ。

『狂気』はライヴ盤の『P・U・L・S・E』で代替しましたが、『炎』の方は同ライヴ盤とベスト盤『エコーズ』収録の「あなたがここにいてほしい」と「クレイジー・ダイアモンド」しか聴けませんでした。

特に「クレイジー・ダイアモンド」は<第二部>におけるリック・ライトのソロ・パートがカットされた編集版で不満の残るものだったけど、それももうすぐ解消されそうです。

静寂の中から徐々に輪郭を浮かび上がらせるシンセにデイヴ・ギルモアのギターが静かに絡んでいくイントロは、いつ聴いても感動ものです。ゲストながらディック・パリーの渋いサックスは、この曲の顔といってもいいほどの名演ですねぇ。

久々に聴いて思い出したリック・ライトのキーボード・パート。ファンキーなクラビネットのサウンドが堪らなく良いです。初期のライヴではこのキーボード・パートも演っていたようです。

BOXやデラックス・エディションには、1974年ウェンブリーでのライヴが収録されているので、このキーボード・パートもあれば、この上なく嬉しいですね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

HMV ONLINE

■CD
Wish You Were Here - 炎~あなたがここにいてほしい
1975年発表。シド・バレットに捧げられた表題曲をはじめ、前作『狂気』と比べかなりシンプルでストレートなサウンドの名作。
Pink Floyd: Discovery - ピンク・フロイドBOX
最新リマスタリングによるオリジナル・アルバム全14作品に、フォトブックを追加収録したボックス・セット。

※リンク先には、細心の注意を払っておりますが、リンク違いや再発により情報が古くなる可能性があります。商品をご購入の際には、いま一度、商品内容をご確認くださいます様お願い致します。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ピンク・フロイド/アーノルド・レーン&シー・エミリー・プレイ

早いもので気がついたら1月ももう十日過ぎ・・・。今更ながらですが、 “あけおめ~♪ ことよろ~♪” です (^ ^;)ゞ。

正月休みに何かアルバムを買おうとCDショップのサイトを漁っていたら、『ピンク・フロイド/夜明けの口笛吹き40周年記念盤』のデラックス・パッケージが、HMVの「マルチバイキャンペーン」でお手ごろ価格になっていたので、早速注文しました~♪

発売当初、珍しく輸入盤よりも安い価格の通常盤を買おうとも思っていましたが、DX版の初期シングル、レア音源も捨て難く、唯一のネックが価格の高さ。・・・で迷っているうちに買いそびれていましたが、もうすぐ入手できると思うとウレシイ限りです。

プログレ・バンドとしてピンク・フロイドを聴き始めた当初、シド・バレット時代の音源を聴く機会がなかったこともあり、『神秘』が実質的な1stアルバムという思いが強く『夜明けの口笛吹き』にはあまり興味がなかったですね。

そんな認識を一転させたのが、ベスト・アルバム『エコーズ~啓示』。「アーノルド・レーン」、「シー・エミリー・プレイ」等、初めて聴くシド・バレットの世界に心を奪われました。サイケな雰囲気を漂わせながらも、その実上質なポップ・ナンバー。もっとアンダー・グラウンドなサウンドを想像していたので、あまりにも馴染みやすいサウンドが大きな驚きでした。

今は新しい驚きがあることを信じて、このBOXセットが届けられるの待っている日々です。なにせ同時注文したディープ・パープルの『Burn 30th Anniversary Edition icon』が取り寄せ注文で、発送予定が今月20日過ぎだそうですから・・・。あぁ、待ち待ち遠しい。

Pink Floyd - Arnold Layne

ピンク・フロイドのファースト・シングル。今のところシドのナンバーではこの曲が一番!!

耳について離れないキャッチーなメロディ。シドのソング・ライティングにおける非凡な才能を強く感じられずに入られませんね。

Pink Floyd - See Emily Play

ピンク・フロイドのセカンド・シングル。なお、日本ではこの曲がデビュー・シングル。

サイケデリックな陰影が散りばめられたポップ・ナンバー。「アーノルド・・・」よりもこちらのほうがシドのイメージに近いですかねぇ。

この曲も一度聴くと、頭の中を止めどなく駆け巡ります(笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

HMV ONLINE

■CD
Piper At The Gates Of Dawn: 40th Anniversary Edition - 夜明けの口笛吹き40周年記念盤
Pink Floydのデビュー・アルバム『Piper At The Gates Of Dawn - 夜明けの口笛吹き』の40周年記念盤!
An Introduction To Syd Barrett - 幻夢 オールタイム・ベスト・アルバム
元Pink Floydのギタリストであり、2006年に他界したSyd Barrettの最新ベスト・アルバム

※リンク先には、細心の注意を払っておりますが、リンク違いや再発により情報が古くなる可能性があります。商品をご購入の際には、いま一度、商品内容をご確認くださいます様お願い致します。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home  | Next »

Home  | Next »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

The Endless River (Deluxe CD Blu-ray version)

新品価格
¥1,182から
(2017/2/16 19:04時点)

Live at the Orpheum

新品価格
¥594から
(2017/2/16 19:11時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い