脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ヤードバーズ/トレイン・ケプト・ア・ローリン(ストロール・オン)

The Yardbirds - Train Kept A Rollin' 1966

ヤードバーズの代表曲といえば「トレイン・ケプト・ア・ローリン」。エアロスミスをはじめ数多くのアーティストがカヴァーしているロックのスタンダードですね。

突然脱退したポール・サミュエル=スミスの代役ベーシストとして、ジミー・ペイジがヤードバーズに加入したのが1966年6月。この動画は同月27日にフランスのTV番組に出演した時のモノらしいのですが、ということはジミーが加入したてホヤホヤの頃!? よくこんな映像が残っていたものです。

それにしてもジミーは堂々としてますねぇ。とても新入りには見えない。一番目立っています。それに比べてジェフ・ベックは隅っこで消えていますねぇ(泣)。

それならジェフが一番目立っている動画を・・・。

The Yardbirds - Stroll On

ミケランジェロ・アントニオーニ監督による映画『欲望』(1966年)のクラブでの演奏シーン。当初このシーンはザ・フーの出演を想定していたのですが、断られためヤードバーズが出演する事に。ジェフがその代役を見事にこなしてギターを破壊していますねぇ。

「トレイン・ケプト・ア・ローリン」はヤードバーズのオリジナルと思われがちですが、原曲はタイニー・ブラッドショウのジャンプ・ブルースで、後にロカビリー歌手のジョニー・バーネットがロックンロール・アレンジした曲をヤードバーズがカヴァー。

そのため著作権上の問題からサントラではヴォーカルのキース・レルフが歌詞を書き換えて「ストロール・オン」として発表したという次第です。

この頃にはすでにギターの実力差からクリス・ドレヤがベースにまわり、ジミーがギターを担当。「ストロール・オン」はジェフとジミーのツイン・リードギターが聴ける数少ない曲です。ジミーが「コミュニケイション・ブレイクダウン」のソロの一節を弾いているのに気がつきましたか?

こちらのほうが分かり易いかもしれませんね。
The Yardbirds - Stroll On (AUDIO ONLY)

The Yardbirds - Train Kept a Rollin' 1968

最後にジェフが脱退して、ジミーが全権を掌握した映像。

「幻惑されて」や、ここでも「コミュニケイション・ブレイクダウン」の一節が織り込まれて、まるでレッド・ツェッペリンのプロト・タイプを見ているようですねぇ。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スポンサーサイト

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ドゥービー・ブラザーズ/ロング・トレイン・ランニン

Doobie Brothers - Long Train Runnin'

「ロング・トレイン・ランニン」といえばイントロのギター・カッティング。この歯切れの良いグルーヴ感がタマリません!

トム・ジョンストンのヴォーカルが力強く熱いだけに、後に続くハーモニーの心地よさが際立ってますねぇ。まごうことなきロック史上に残る名曲!!

この様なベタ過ぎる曲を取り上げるのはやっぱり躊躇してまいますが、テンションが上がる動画だったので・・・。

トム・ジョンストンって歌だけでなく、ギターの腕もかなりのモノ。トム・ジョンストン時代のライヴを聴く機会がなかったので、気づかなかった。タメの効いたギター・ソロが素晴らしい!!

それ以上に驚いたのが、ジェフ “スカンク” バクスター。1976年のライヴ映像らしいので居るはずなのに見当たらないなぁと思っていたら・・・ドラム!? それもただリズムをキープするのではなく、ちょっとしたドラムソロを披露するなどしてかなりの腕前!

スティーリー・ダン/ドゥ・イット・アゲイン」でもコンガを叩いていたけど、ジェフがドラム/パーカッションをやるなんて今まで聴いたことがなかったですねぇ。

YouTubeのコメント欄でもこの事が話題になっていて、ほとんどの人がジェフのドラム・パフォーマンスを初めて目にしたようです。削除されてしまったらもう二度と見れないかもしれない。そんな珍しい映像です。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

エリック・クラプトン/タルサ・タイム

Eric Clapton - Tulsa Time

コカイン」の代替動画探しの中で見つけた1978年のライヴ。70年代のエリック・クラプトンのソロ映像にあまりお目にかかったことがなかったので、もちろん直ぐに飛びつきました。なら他にもあるだろうという事で見つけたのが、この「タルサ・タイム」。

初めて聴く曲だったけどクラプトンのスライドがイケてますねぇ。米南部のシンガー・ソングライター、ダニー・フラワーズ(Danny Flowers)という人のカヴァーだそうです。

問題は出どころで、「コカイン」の動画説明欄にあった “Eric Clapton and his rolling hotel” という謎の言葉を頼りに調べてみたら、ドキュメンタリー映画『Eric Clapton His Rolling Hotel』(1980年)と判明。数回上映されただけで、お蔵入りとなってしまったフィルムがブートに流出したようです。

こんな映画があったなんて全く知りませんでしたねぇ。面白い事に、今この映画を一生懸命Upしている人がいます。現在確認したところ、1時間前に “Part 11” までUpされていました。さて、どこまでやるのやら・・・。(笑)

興味がある方は、>>> Eric Clapton His Rolling Hotelの検索結果

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home  | Next »

Home  | Next »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。