脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

マイケル・シェンカー・グループ/レディ・トゥ・ロック~アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン

Michael Schenker Group - Ready To Rock

1983年、ロンドン・ハマースミス・オデオンでのライヴ。

アルバム『神話』のオープニング・ナンバー「レディ・トゥ・ロック」。アルバムの1曲目だけあってノリの良さは申し分ナシ!

3分過ぎにはネック・ベンディングのアップ映像!! トレモロ・アームの代わりにフライングVのネックを曲げて音程を下げる力技。

色んな曲でやっているけど、これだけ間近に見るのは初めてです。思ったよりもネックが折れ曲がっていてビックリしましたねぇ。

エンディングは『神話』どおりにアカペラの「Are you ready♪」で閉めて間髪いれずに、「アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン」のイントロに突入してくれていたなら最高だったのですが・・・。

Michael Schenker Group - Attack Of The Mad Axeman

同じくハマースミス・オデオンでのライヴから「アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン」。

『神話』では「レディ・トゥ・ロック」が終わった次の瞬間、間髪いれずにこのイントロの泣きのギターが流れてくると、いつも背中がゾクっと・・・。それだけにライヴでも再現して欲しかった。

オクターブを使用したノリのいいリフがあったかと思えば、聴かせるバラードとドラマティックな展開ですが、エンディングのマイケルのギター・ソロが聴きどころ。エモーショナルなギタリスト、マイケル・シェンカーの本領発揮です。

ゲーリー・バーデンのヴォーカルがイマイチだったのが残念。これにはチョットだけ目をつぶってくださいね(笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スポンサーサイト

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ディープ・パープル/ハイウェイ・スター

Deep Purple - Highway Star (1993)

ディープ・パープルの名曲「ハイウェイ・スター」。好きな曲に間違いないのですが、聴いて育った『ライヴ・イン・ジャパン』のヴァージョンと比べると、どんな演奏も聴き劣りしてしまう・・・。

それなら興味深い動画ということで、再々結成した2期メンバーによる1993年11月9日、英バーミンガムのNECアリーナでのライヴ映像です。

1曲目「ハイウェイ・スター」でコンサートの幕開けですが、リッチー・ブラックモアの姿がどこにもない!! なんでもカメラマンの存在に腹を立てたリッチーが、演奏を拒否したままコンサートが始まったとか。

それでもスタッフに説得されたのか、舞台に上がり何事もなかったようにギター・ソロを弾き始める姿はプロそのモノ。奇麗なフィンガリングに見とれ、流れるようなフレーズに酔いしれていると・・・。

音を外したと思った瞬間、お前のせいだと言わんばかりに中身の入ったコップをカメラマンに向かって投げつけた!! その前からカメラを睨みつけたりしていて、不穏な空気が流れていたのですが、一体何が気に入らなかったのでしょうか?

良いギター・ソロだなと思っていたので、こうした中断はもったいなかったですねぇ。

Deep Purple - Highway Star (1972)

1972年3月、デンマーク・コペンハーゲンでのライヴ。白黒なのが非常に残念!!

ロジャー・グローヴァーとイアン・ペイスの疾走感溢れるリズム隊。ロックにクラシカルな旋律を見事に融合したジョン・ロードのオルガン。そしてパワフル、時には鋭いシャウトで感情を叩きつけるイアン・ギランのボーカル。

荒削りだけど、その爽快感は『ライヴ・イン・ジャパン』のヴァージョンに勝るとも劣らないと思います。

ただ一つ難があるとすればリッチーのギター・ソロです。93年のライヴで音を外したあの速弾きフレーズ。この曲のトレード・マークとも言えるフレーズだけに、絶対に外して欲しくなかったですね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

T.レックス/イージー・アクション

T.Rex - Solid Gold Easy Action

1972年、英BBCの音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』で放送された映像。

“グラム・ロック? 男が化粧だってぇ・・・!?”

まだ男性が化粧をすることが特異な時代、化粧をしてロックをやるっていうことに大いに抵抗感や嫌悪感がありましたねぇ。

しかし、ラジオから流れてきたキャッチーなメロディに状況は一変!! その曲がT.レックスの「イージー・アクション」。

とにかくマーク・ボランの粘っこいヴォーカルや「Hey♪ Hey♪ Hey♪」という掛け声が耳について離れない。当時、ラジオでこの曲が掛かろうものなら狂喜乱舞でしたね。、

それ以来、グラム・ロックに対する嫌悪感もどこかへ吹き飛んだようです。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home  | Next »

Home  | Next »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。