脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ジェフ・ベック&ジミー・ペイジ/ベックス・ボレロ&移民の歌~ピーター・ガンのテーマ

Jeff Beck & Jimmy Page - Beck's Bolero / Immigrant Song / Peter Gunn Theme

ジェフ・ベックは、とっくにロックの殿堂〈The Rock And Roll Hall Of Fame〉入りしていたと思っていましたが、今年になってようやく殿堂入りしたんですね。映像は4月4日、米クリーブランドで開催された2009年度ロックの殿堂〈The Rock And Roll Hall Of Fame〉授賞式でのパフォーマンスです!!

ジェフのプレゼンターがジミー・ペイジだったことによる選曲でしょう。曲は「ベックス・ボレロ」。

曲の途中でジェフに紹介され登場したジミー・ペイジが、いきなり放った「移民の歌」のリフ!! ジェフのロバート・プラントばりの “シャウト” がカッコいいですねぇ。

ジミーのギターをバックにジェフのインプロヴィゼーション。二人の共演を久々に見て、本当に良いプレゼントと思っていたら、「ベックス・ボレロ」のサビに突入。この瞬間、ゾクっとしましたねぇ。しかし、ジミーとの共演はこれ1曲。全くもって残念!!

続く「ピーター・ガンのテーマ」。いろんなアーティストがカヴァーしていて好きな曲ですが、何故この曲をジェフが? 唐突感が否めなかったのですが・・・。

Jeff Beck - Peter Gunn Theme 2009

今年の2月22日、さいたまアリーナでのライヴ。

「ピーター・ガンのテーマ」もレパートリーのひとつになったようですねぇ。音質の違いでしょうか? こっちのパフォーマンスの方が好きです。

ドラムのヴィニー・カリウタとベースのタル・ウィルケンフェルドのリズム隊。良い仕事していますねぇ。

【おまけ】

Train Kept A Rollin'

イベントの最後を飾るオールスターによるロックン・ロール大会!! ジェフと共に殿堂入りしたメタリカやゲストのジョー・ペリー、ロン・ウッドらが参加した「トレイン・ケプト・ア・ローリン」です。

イベントの流れの中で、最後にこういったオールスターによるパフォーマンスは、非常に盛り上がりますねぇ。

しかし、この映像だけを単独に見ていると、全員同じコード・カッティングの姿に笑えてくるのは・・・。私だけでしょうか?

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

YMO/イエロー・マジック(東風)

YMO - 東風(Tong Poo)

坂本 “教授” 龍一作の名曲「東風(Tong Poo)」。けれど主役は細野晴臣!! そもそも教授は音を外しているし・・・。(笑)

細野さんのベースが、とにかくカッコいいのです♪ ベースラインを聴いているだけで最高な気分!!

映像はイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)初の海外公演となった1979年8月、チューブスのコンサートに前座として出演したLAのグリーク・シアターでのライヴ。

サポートのメンバーに矢野顕子と渡辺香津美という豪華な面子ですねぇ。香津美さんのギターは当時、フュージョン色が濃くてチョット違うなぁ・・・とも思いましたが、今聴くと懐かしくてなんだか嬉しくなってきます。

しかし、この時はまだYMOを知っている人は、ほとんどいなかったんですよねぇ。私を含めて・・・。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ゲイリー・ムーア/ザ・メシア・ウィル・カム・アゲイン(メシアが再び)

Gary Moore - Messiah Will Come Again

1990年、モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ映像。

ゲイリー・ムーアのモントルー・ジャズ・フェスティバルの音源が、SHM-CD5枚組ボックス・セットとなって9月に発売!! そのニュースを聞いて、何処となく美味そうな香りを感じました。

誘われるまま動画を探すと、真っ先に飛び込んできたのが “Messiah Will Come Again” の文字。ロイ・ブキャナンの「メシアが再び」をカヴァーしていたのかと思い、聴いてみると・・・。

“もう~、こりゃ~、激ウマ~!!” な映像でした。

泣きのギターには本当に胸を打たれましたね。ゲイリーお得意のスケール練習フレーズや過剰装飾とも思えるトリルは邪魔くさい気もしますが、それさえも帳消しにする素晴らしさ!!

ゲイリーの手元のアップ映像が多く、左手のフィンガリングや右手のピッキングが充分に堪能できたこともことも、“これまたウレシ~♪” です。

ピーター・グリーンから格安で譲り受けたというレスポールが、本当に良い音していますねぇ。ロング・サスティーンで膨らみのあるサウンドは素晴らし過ぎ!!

しかし現在、このレスポールは売却されて、ゲイリーの手元にはないそうです。何故・・・?

全くもって、もったいない話ですね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

Home

Home

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い