脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ジェネシス/ビハインド・ザ・ラインズ

Genesis - Behind The Lines

ジェネシスといえばピーター・ガブリエルを中心としたプログレッシヴ・ロック・バンドだったのですが、主力メンバーが相次いで去りフィル・コリンズが主導権を握るとサウンドもポップに。古くからのファンには評価されていないようですが・・・。

ジェネシスを本格的に聴くようになったきっかけが、“フィル・コリンズ” でした。

80年代初め頃、フィル・コリンズにハマったもののアルバムが2枚しか出ていなくて、もっと聞きたいという欲望でフィル時代のジェネシスにまで手を伸ばしたんです。そんな訳でポップ・サウンドにもすんなり入っていけましたね。

いくらポップになったとはいえ、そこはジェネシス、「ビハインド・ザ・ラインズ」もシンセの重厚なサウンドにプログレの雰囲気は残っています。

この曲を最初に聴いたのは、ソロ・アルバムの方だったので、ジェネシス版を初めて聴いた時は、「おぉ~、プログレやっているじゃん!」と思ったぐらいですから。

その最初に聴いたソロ・ヴァージョンがコレ。

Phil Collins - Behind the Lines

ホーン・セクションをフィーチャーしてブラック・ミュージックっぽい仕上がりになっています。余りにも曲調が違い、最初にジェネシス版を聴いた時は同じ曲だとは気がつきませんでした。

フィル・コリンズはロックとポップスをジェネシスとソロで上手く使い分けていますね。

どちらも甲乙つけ難い!!

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/129-68c8179c

Dancing with the Moonlit Knight/Genesis, with Peter Gabriel,in 1973.

Genesis - Dancing with the Moonlit Knight ああ、ひさしぶりに聴いた。 そういえば昔北海学園大学にジェネシスのコピーバンドがあったっけ。 懐...

Three Side Live/Genesis

久々に引っ張り出した「Three Side Live」の2枚組みのLPレコード(LPレコードという表現はいまや死語か)。 Phil Collins/Tony Banks/Mike Rutherford/Daryl Stu...

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。