脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ジミ・ヘンドリックス/ライク・ア・ローリング・ストーン

Jimi Hendrix - Like A Rolling Stone

「ライク・ア・ローリング・ストーン」ってボブ・ディランのロック転向だけでなく、ジミ・ヘンドリックスのアメリカ・デビューにもかかわったなんて・・・。今思えば凄い曲ですねぇ。

ディランはフォークの残り香を漂わせていまいたが、ジミはブルーズを取り入れることで完全に自分の曲として消化しています。・・・といいつつも曲の出だしは「ワイルド・シング」なんですが(笑)。

ジミのディラン・フリークぶりは相当なもので、他に3曲のカヴァー(「All Along The Watchtower」、「Drifter's Escape」、「Can You Please Crawl Out Your Window?」)を演っていますが、影響はそれだけではありませんでした。

ジミが “Jimmy James and The Blue Flames” を結成して、活動拠点をグリニッチ・ヴィレッジにしたのも、ディランがここでデビューしたという理由からです。

そして、この地でジミもイギリス・デビューのキッカケを・・・。ディランとの結びつきの大きさを感じずに入られません。

ジミがいつからディランをカヴァーするようになったのかは分かりませんが、カーティス・ナイトのバックを演っていたときに、その片鱗がうかがえますね。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」を改変した「How Would You Feel(音声のみ)」。

カーティス・ナイト音源はあまり評判良くないのですが、結構この曲気に入っています。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

これも

初めて観ました。ひたすら堪能致しました。有難うございます。ジミ・ヘンですから出だしは毎回Wild Thingってわけでもないんでしょうねきっと。

イントロのコード進行は同じでも
アルペジオや分散和音など崩して
そのときの気分で弾いているようです。
ジミヘンらしいですねぇ(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/208-f55fcc75

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い