脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ジミ・ヘンドリックス/『ハプニング・フォー・ルル』

Jimi Hendrix- Voodoo Child (Slight Return) / Hey Joe / Sunshine of Your Love

最近やたらと「ブードゥー・チャイルド〈スライト・リターン) / Voodoo Child (Slight Return)」を耳にします。そうです! ソフトバンク携帯のCM。15秒ほどですけど、強烈な印象を残すイントロです。

魅力的なワウのイントロが流れると、即座に反応してテレビの画面に目を向けてしまいますね。そこに映っているのは、ジミ・ヘンドリックスではなくブラッド・ピットなのに・・・(笑)。

それに続く暴力的なまでに歪んだ音の洪水! 爆音で体現したジミのブルーズには圧倒されっぱなしですねぇ。

動画は1969年1月4日、BBCのテレビ番組『The Lulu Show』に生出演した時のもので、“ハプニング” が起こったのは次の「ヘイ・ジョー」でのこと。

演奏を途中で打ち切ったジミは、「こんなつまらない曲は止めて、この曲をクリームに捧げよう」といって、突然「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」を演奏し始めたのでした。

この行為は突発的というより確信犯的に行なわれたのでしょう。「ヘイ・ジョー」のエンディングでのノエル・レディングの余裕ある表情からも、それがうかがい知れます。

生放送での蛮行にテレビ局側は大慌てだったでしょうが、唯一の救いは “ハプニング” が放送禁止用語の連発といった類のモノではなかったことかもしれませんね(笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

愉快♪

どちらも貴重な映像ですね
ワウのイントロ…これは無条件反射ですw

ジミヘン遊び心いっぱいで余裕あります

>ジミヘン遊び心いっぱいで余裕あります

Mitch Mitchellの方は余裕がなかったようですね(笑)。
“Sunshine Of Your Love”のエンディングで
ジミをチラ見しながら
なんとか合わせようと悪戦苦闘している姿には、
同情と共にチョット笑えますw。

サンシャイン・オブ・ユア・ラブ

の方はBBCライヴ音源として発売されたCDに入ってまして聴いた事あります。っていうか持ってます。でも映像あるんですね。。有難うございました!

BBC Sessions

映像、気に入ってもらえて嬉しいです!
CDでは分からなかったことが、映像で明らかに・・・。
こんなに嬉しいことはないです。
Jimiがワウ・ペダルでフィードバックをコントロールしていたのには驚きましたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/215-4aeb764e

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い