脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

スティーリー・ダン/ドゥ・イット・アゲイン

Steely Dan - Do It Again

ロック全盛の70年代であってもラジオから聴いてみたい曲の垂れ流しって訳ではなかったので、必然的にカセットを用意してお目当ての曲がかかるのをひたすら待ったものでした。なので、○○特集なんていうのは非常に美味しかったですねぇ。

気になるグループのひとつスティーリー・ダンもなかなか聴くチャンスに恵まれなかったのですが、ある日遂に、スティーリー・ダン特集が・・・。

その時の1曲目が「ドゥ・イット・アゲイン」でした。噂どおりジャズなどを取り入れたアダルとな雰囲気で緻密なサウンド。一発で気に入りましたね。

最終的にはウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンの2人による音楽ユニットになってしまいましたが、デビュー当時はこの映像に見られるように6人組のバンドでした。

ドナルド・フェイゲンが歌に自身がないということで、リード・ボーカルにデヴィット・パーマー。ドラムがジム・ホッダー。ベースとキーボードにはそれぞれウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲン。

そして、2人のギタリスト。デニー・ダイアスと・・・。あれ? ジェフ ”スカンク” バクスターがコンガを叩いている! 確かにこの曲コンガがなければ締まりませんから、ジェフがコンガにまわされたのでしょうか。

ただこのメンバーだけではスタジオ・ヴァージョンを正確に再現するのは無理だったのですかね。エレクトリック・シタールとそれに続くサイケなシンセのソロのパートが好きだったのですが・・・。

Steely Dan - Do It Again (Studio Version)

ドナルドは歌に自信がないといいながら、スタジオではしっかり歌ってます(笑)。しかし、デヴィット・パーマーの立場は・・・?

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

スティーリー・ダン

>エレクトリック・シタールとそれに続く
>サイケなシンセのソロのパートが好きだったのですが・・・。
激しく同意です。あの曲の魅力はあそこですよね♪
アルバムではエイジアとガウチョと摩天楼が好きでした。

Aja [Deluxe Edition]!?

Steely Danの楽曲はスタジオで
すでに完成されていると言ってもいいので、
ライヴでもそのまま演奏して欲しいです。
3枚のアルバムは鉄板ですねぇ。
特に「Aja」は「デラックス・エディション」が出ないかと、
手ぐすね引いて待ってます(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/227-4d48be90

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。