脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ヤードバーズ/トレイン・ケプト・ア・ローリン(ストロール・オン)

The Yardbirds - Train Kept A Rollin' 1966

ヤードバーズの代表曲といえば「トレイン・ケプト・ア・ローリン」。エアロスミスをはじめ数多くのアーティストがカヴァーしているロックのスタンダードですね。

突然脱退したポール・サミュエル=スミスの代役ベーシストとして、ジミー・ペイジがヤードバーズに加入したのが1966年6月。この動画は同月27日にフランスのTV番組に出演した時のモノらしいのですが、ということはジミーが加入したてホヤホヤの頃!? よくこんな映像が残っていたものです。

それにしてもジミーは堂々としてますねぇ。とても新入りには見えない。一番目立っています。それに比べてジェフ・ベックは隅っこで消えていますねぇ(泣)。

それならジェフが一番目立っている動画を・・・。

The Yardbirds - Stroll On

ミケランジェロ・アントニオーニ監督による映画『欲望』(1966年)のクラブでの演奏シーン。当初このシーンはザ・フーの出演を想定していたのですが、断られためヤードバーズが出演する事に。ジェフがその代役を見事にこなしてギターを破壊していますねぇ。

「トレイン・ケプト・ア・ローリン」はヤードバーズのオリジナルと思われがちですが、原曲はタイニー・ブラッドショウのジャンプ・ブルースで、後にロカビリー歌手のジョニー・バーネットがロックンロール・アレンジした曲をヤードバーズがカヴァー。

そのため著作権上の問題からサントラではヴォーカルのキース・レルフが歌詞を書き換えて「ストロール・オン」として発表したという次第です。

この頃にはすでにギターの実力差からクリス・ドレヤがベースにまわり、ジミーがギターを担当。「ストロール・オン」はジェフとジミーのツイン・リードギターが聴ける数少ない曲です。ジミーが「コミュニケイション・ブレイクダウン」のソロの一節を弾いているのに気がつきましたか?

こちらのほうが分かり易いかもしれませんね。
The Yardbirds - Stroll On (AUDIO ONLY)

The Yardbirds - Train Kept a Rollin' 1968

最後にジェフが脱退して、ジミーが全権を掌握した映像。

「幻惑されて」や、ここでも「コミュニケイション・ブレイクダウン」の一節が織り込まれて、まるでレッド・ツェッペリンのプロト・タイプを見ているようですねぇ。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

貴重な

貴重な映像ありがとうございます。
頁が若く躍動してますね。
再結成の映像と比べると…って、40年も経ってるんですものね。

1966年6月フランス

この映像ではステージに立てたJimmyの喜びが、
ヒシヒシと感じられますね。
スタジオの仕事にはアキアキしていたのでしょうね。
エンディングに胸を張って誇らしげな事といったら・・・。
けれど微妙に滑稽。
Jimmyのステージ・アクションは時々
見ているこっちが恥ずかしくなる事があります(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/233-dc4584a6

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

The Endless River (Deluxe CD Blu-ray version)

新品価格
¥1,182から
(2017/2/16 19:04時点)

Live at the Orpheum

新品価格
¥594から
(2017/2/16 19:11時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。