脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

サンタナ/哀愁のヨーロッパ

Santana - Europa

官能的ともいわれる太くて甘いトーンとサスティーン。「哀愁のヨーロッパ」は、これに尽きますねぇ。

特に中間部で聴けるロング・サスティーンは驚異的! 後にフィードバックによるものだと知るのですが、当時はどうすればこんなに音が伸びるのか・・・? 全くの謎でした。しかし、どうあれナチュラルで安定したロング・サスティーンは、いつまでも鳴り続けていて欲しいと思うほどの心地よさでしたね。

そのサウンドを支えたのが、ヤマハのカスタム・メイドSG! 来日したカルロス・サンタナが、偶然手にしたヤマハSG-175を気に入り、ハスの花をインレイしたSGが欲しいとオーダーした事が始まり。とにかくロング・サスティーンの出るギターをということで、試作品を作ってはダメだしの繰り返しで、かなりのやり取りの末に完成したそうです。

そのヤマハSGによって生み出された曲が「哀愁のヨーロッパ」。いわば切っても切れない関係のはずでしたが・・・。

今やその座をポール・リード・スミスに奪われて、何とも寂しい限りです。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

あら!?

私も今サンタナをチュブって、こちら
へ来てみたら。。。シンクロでちゅ♪
「哀愁のヨーロッパ」の中に聴く
サンタナのギターは、ホントに
官能的ですね。緩急・強弱の付け
方が反則ですw

凶器はベース用三角ピック!?

ベース用のバカでかいピックで
よくもまあ、あれだけ微妙な感情表現が出来るもんです。
誰が言ったのか知りませんが、
「官能的」って表現は、この曲にピッタリですね。

SGといえば

高中を思い出してしまいます。
サンタナって見た目変わりませんよね?若い時から老け顔だったからでしょうか?この映像は何年ころのなんでしょうか?ポール・リード・スミス使いって最近結構見かけますが、やはり良いんでしょうか?見た目SGより軽そうなので、ステージで楽だから使ってる。。なんて事は無いですよね。。多分。失礼致しました。

1979年のAustralia公演らしいです。

何故、Paul Reed Smithに持ち替えたかは知りませんが、

>>SGより軽そうなので、ステージで楽だから使ってる。

案外、的を射ているかもしれませんねぇ(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/239-52ae93b0

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い