脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ロリー・ギャラガー/シークレット・エージェント

Rory Gallagher - Secret Agent 1976

1976年、ドイツの音楽番組『ロックパラスト』出演時の映像。

ロリー・ギャラガーが奏でる開放弦を絡めたシンプルなリフ。しかしそのシンプルさゆえ一度聴くと、このリフがもう耳から離れませんね。ハーモニックス音をナット・ベンドするところは、もう気持ち良すぎ!!

シャッフル気味のリズムをバックに、ネックを縦横無尽に駆け回るスライド・バー。タメが効いていていい感じですねぇ。

「シークレット・エージェント」はアコースティック・ヴァージョンもあったのでそちらも聴いてみると・・・。

Rory Gallagher - Secret Agent (acoustic version)

1977年、ダブリンでのスタジオ・ライヴ。

これがまあ何とブルーズ・テイスト満開! ブルーズの先人達を意識したような搾り出すようなロリーの歌声。ギターも端々にデルタ・ブルースの巨匠、ロバート・ジョンソンを彷彿させてくれて嬉しい限りですねぇ

この2曲に共通するのは、バックに流れる坦々としたリズム。まるで催眠術のようです。知らず知らずのうちに、曲に引き込まれていましたね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

痺れるリフ

2本ともそれぞれに味があっていいですね!
最初の方はパープルやレインボーのような匂いもしました。
>ハーモニックス音をナット・ベンドするところは…
これってどういうことなんでしょうw?

パープル・テイスト

>パープルやレインボーのような匂いもしました。

Purpleの "Roger Glover" がプロデューサだったため、
その影響が強く出ているようです。
以前紹介した「Moonchild」もかなりPurple色が、強かったですからね。

>ハーモニックス音をナット・ベンドするところは…

専門的すぎてスミマセンw。
動画の0:18あたりで、Roryがリフの合間に、
弦を完全に押さえずにピッキングして高音を出した後、
ギター・ヘッドの弦を押して音程を上げているのですが、
この ”キィーン” っていう音が凄く気持ちイイんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/271-18acefc7

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。