脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

ジェフ・ベック/ベックス・ボレロ

Jeff Beck - Beck's Bolero (extended version) 1966

ジミー・ペイジがラヴェルの「ボレロ」にヒントを得て構築したインスト・ナンバー「ベックス・ボレロ」。ジェフ・ベックの1stソロ・シングルB面に収録。

とにかくこのセッションに参加した面子がスゴイ!! ジェフ・ベックの他は、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ニッキー・ホプキンス、キース・ムーンといったそうそうたる顔ぶれ。演奏は聴かずとも・・・です。

ファズの効かせてエモーショナルなジェフのギター・ソロに、色香漂うスライド・プレイは絶品!! しかし、これらもほんの序曲・・・。キース・ムーンの絶叫を合図に、メンバー全員がエンジン全開! 迫りくるアグレッシブな演奏はもう圧巻ですねぇ。

このセッションがきっかけで、ジミーとキースの間で新バンドを結成する計画が持ち上がったそうです。ジョン・エントウィスルと新ヴォーカルを加えて、その名も「レッド・ツェッペリン」!! キース・ムーンが発案者といわれていますが、ジョン・エントウィスルもバンド名と飛行船が墜落するアルバム・ジャケットは、自分が発案したと譲らず真相は藪の中です。

結局、新ヴォーカリストが見つからず、計画も自然消滅。まあ、それはそれで良かったのかも知れません。その後、2つの偉大なバンドが存在する事になるのですから・・・。

作曲者のクレジットでも、ジミーとジェフは互いに自分が作曲したと主張しており、何かと話題に事欠かない曲です。

Jeff Beck - Beck's Bolero 2006

2006年7月22日、『ウドー・ミュージック・フェスティヴァル2006』でのライヴ。

今では、初期の曲をなかなか聴くことができませんが、「ベックス・ボレロ」だけは多くのライヴでセット・リストに組み込まれているようです。やはり、“作曲者” としての自負があるからでしょうか?(笑)

今では、初期の曲をなかなか聴くことができませんが、「ベックス・ボレロ」だけは多くのライヴでセット・リストに組み込まれているようです。

“作曲者” としての並々ならぬ自負が感じられるパフォーマンス。スライド・ギターの音色は美しく、後半の爆裂ギターも健在でウレシイ!!

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/274-c53dfb9b

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

The Endless River (Deluxe CD Blu-ray version)

新品価格
¥1,182から
(2017/2/16 19:04時点)

Live at the Orpheum

新品価格
¥594から
(2017/2/16 19:11時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。