脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

マイケル・シェンカー・グループ/レディ・トゥ・ロック~アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン

Michael Schenker Group - Ready To Rock

1983年、ロンドン・ハマースミス・オデオンでのライヴ。

アルバム『神話』のオープニング・ナンバー「レディ・トゥ・ロック」。アルバムの1曲目だけあってノリの良さは申し分ナシ!

3分過ぎにはネック・ベンディングのアップ映像!! トレモロ・アームの代わりにフライングVのネックを曲げて音程を下げる力技。

色んな曲でやっているけど、これだけ間近に見るのは初めてです。思ったよりもネックが折れ曲がっていてビックリしましたねぇ。

エンディングは『神話』どおりにアカペラの「Are you ready♪」で閉めて間髪いれずに、「アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン」のイントロに突入してくれていたなら最高だったのですが・・・。

Michael Schenker Group - Attack Of The Mad Axeman

同じくハマースミス・オデオンでのライヴから「アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン」。

『神話』では「レディ・トゥ・ロック」が終わった次の瞬間、間髪いれずにこのイントロの泣きのギターが流れてくると、いつも背中がゾクっと・・・。それだけにライヴでも再現して欲しかった。

オクターブを使用したノリのいいリフがあったかと思えば、聴かせるバラードとドラマティックな展開ですが、エンディングのマイケルのギター・ソロが聴きどころ。エモーショナルなギタリスト、マイケル・シェンカーの本領発揮です。

ゲーリー・バーデンのヴォーカルがイマイチだったのが残念。これにはチョットだけ目をつぶってくださいね(笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

おお怖い

セットネックで、ベンドしますかねぇ~。
さすが外人です、力あるんですね。
ボルト・オンのストラトではやってましたが、レスポールは怖くてやったことないです。
シェンカーさんのヘッドの余分な弦はなんとかならんのですかね?危ないです。
しかし、フライングV 、エクスプローラー触ったことないですよ。

Re: おお怖い

いや~、普通ストラトでも怖くて出来ないでしょうw
今でも余分な弦の処理をしていないようですね。
まさかギターテックが居ないなんて事はないと思うのですが・・・。
FVやExplorerは、ホンモノを見る機会がそもそも少ないですねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/305-65497965

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い