脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ディープ・パープル/紫の炎

Deep Purple - Burn

1974年、ロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム』出演時の映像。

第3期ディープ・パープルはよく知らないけど、この曲だけは知っている・・・なんてもんじゃないですねぇ。パープル・ナンバーの中でも一位、二位を争うほど好きな曲「紫の炎」。

今更ながらリッチー・ブラックモアのリフがイイですねぇ。超一級品! イアン・ペイスが打ち鳴らす激しいビートと共に生み出される疾走感は、もう最高! ゾクゾクしますねぇ。

デヴィッド・カヴァーデイルのヴォーカルに絶妙なタイミングで絡むグレン・ヒューズのヴォーカル/コーラス。リッチーとジョン・ロードが展開するスリリングなソロ・パート。トータル・バランスに優れ、1分の隙もない曲構成。まさに名曲中の名曲ですねぇ。

ディープ・パープルはメンバー・チェンジが激しく、面子によってはこれがパープル???と思うときもありますが、第3期パープルはこの1曲だけで十分です。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

名曲

>1分の隙もない曲構成
まさにそうですね!
各パートがハイテンションのまま
メラメラ絡んでます(笑)

認識新た

ディープは周りが♪チャッチャッチャーばかりをやってたので避けてました。
しかしバーンは黄金比みたいに良く出来た曲ですね。  
グレンはベースよりボーカル向きですね。上手いです。

Mk III

>>さりさん
メンバーだけでなく、
聴いているコチラもハイ・テンションで、
メラメラ燃えてしまいますねぇ(笑)。

>>阿防さん
グレンはベーシストにしては歌、上手過ぎです。
デヴィッド・カヴァーデイルは、さぞかしやりにくかったことでしょう(笑)。

待ってました!!!
この映像を高3の時、市民会館のフイルムコンサート(古っ!=知ってます?フイルムコンサートって?)で観て、僕はBassを始めたんですよ。

僕はいまだにこの時のグレン・ヒューズを目指しているのかも知れないと時々思います。
それぐらい衝撃的な映像でした。

Re: ユリシウスBass Lamoさん

フィルム・コンサートはもちろん知っていますよw
Cheap Trickの武道館公演を見たことがあります。

目標がグレン・ヒューズっていうのは意外でしたね。
指弾きでビシバシ速いフレーズを弾いている映像を見ていたので、
そっち系のテクニカルなベーシストが好きなんだろうと思ってました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/311-b5d56c42

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い