脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ジョニー・ウィンター/ビー・ケアフル・ウィズ・ア・フール

Johnny Winter - Be Careful With A Fool

1970年、デンマークのTV番組『Gladsaxe Teen Club』に出演時の映像。

ジョニー・ウィンターの使用ギターとしては珍しい、エピフォンのウィルシャー。しかし、これが何とも味わい深いサウンドで、ジョニーのブルーズの世界に引き込まれてしまいました。

エフェクターを極力排して歪みも抑え目。感情がダイレクトに伝わってくるようで心に染みますねぇ。思いを込めた歌声も迫力に満ち溢れブルージー!

B.B.キングのカヴァーらしいですが、それを差し引いても “黒っぽさ” 満点です。映像を見ないで音だけを聴いてみると、黒人ブルーズ・マンと何ら遜色ありませんね。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

再評価

ブルースを聴くきっかけはジョニーでした。
’70年、発売のAbout Bluesを聴いて、ブルースに興味を持ち出し、
このレコードをコピーしまくりでした。
マイク・ブルームフィールドと同じで、よくブルースを研究してますね。
その後、黒人ブルースを聴きましたが、あの泥臭さは体質に合いませんでした。
ジョニー・ウィンター・アンドはよく聴きましたよ。
リック・デリンジャー好きだったです。
しかし、今の人はエフェクターなしでアンプ直結じゃ弾けないでしょうね。

Re: 再評価

> リック・デリンジャー好きだったです。

リック・デリンジャーは聴いたことがなかったのですが、
先日見た、エドガー・ウィンターのライヴに参加していました。
結構良かったですねぇ。
時期未定ですが、その内取り上げようかと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/316-b0e4c6c4

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い