脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

マイケル・シェンカー・グループ/イントゥ・ジ・アリーナ

Michael Schenker - Into The Arena

特殊な奏法を駆使することなく、基本的なテクニックが全て詰め込まれていて、まさにギターの教科書のような曲です。

曲の構成もスケール練習に最適のリフ、ドイツ人らしいバロック調のフレーズ、最後にメロディアスなソロと多彩です。

しかし、このスピードは最大の難関でしょう。マイケル自身「速弾きっていうのは、オリンピックのマラソン選手が毎日毎日トレーニングするように練習を続けなければならないから本当に大変だ。」と語っています。とにかく練習あるのみということでしょう〈笑〉。

多くのマイケル・シェンカー・フォロワーを生み出したそんな一曲です。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

私にとっての、元祖速弾きギタリストというと、マイケルなのです。
日本では、ものすごく人気があります。
この方も、理性と狂気、生と死のギリッギリのところで、
名演奏をした、ギタリストだと思っています。
この動画でも、客席を睨む碧眼が、イッちゃっている様で、少し、
怖いのですけれども…。(^^;)

スケール&リフって?

はじめまして !!
自分から言うのも変ですが自称アマチュアロックオヤジです。^^;
さて22年ぶりにギターを復活して、戸惑うことはスケールやリフっていう言葉です。
少し抵抗ありますが・・・
いつごろから使われるようになったのでしょうか?
ロック全盛のあのころにはそんな表現(言い方)しなかったですが・・・。
あっ、マイケル・シェンカーいいですね?
勉強かねて彼の感性を肌で感じるように努力してみたいですね!

Re

bunta52さん、初めまして!
コメントありがとうございます。
マイケル・シェンカーいいですよねぇ。
今、MSGの映像を探しているのですが、
良いものばかりでなかなか決まらず困っていますw
スケールやリフという用語の件ですが、
これは何と答えていいのやら・・・(汗)。
70年代中頃にはすでに「ヤング・ギター」等の音楽雑誌で、
普通に使われていたのですが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/342-c102cd2b

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。