脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

カンサス/伝承

Kansas - Carry On Wayward Son

「カンサス」というバンド名は知っていましたが、ヴァイオリンをフィーチャーしたプログレ・バンドといった程度の認識で、曲も聴いたことが有るような無いような・・・。

気になったのでとりあえず何か聴いてみようと開いた動画が「Carry On Wayward Son」。 美しいハーモニーに、ワクワクするようなギター・リフ。すっかり忘れ去っていた曲の記憶が、一気に蘇ってきて嬉しくなりましたね。

当時はもうちょっとプログレらしい曲と思っていましたが、今改めて聴いてみると結構ハードで、プログレ色はそんなに強くないですねぇ。

Kansas - Carry On Wayward Son

1978年8月26日、カナダ、オンタリオ州のサーキット「モスポート・パーク」で開催された音楽フェス『カナダ・ジャム』出演時のライヴ映像です。

実際のライヴ映像を見てみるとプログレ臭はどこへやら。ギターソロはキレキレで完全なハードロックですね。

メイン・ヴォーカルのスティーヴ・ウォルシュが、テンションあげあげでオルガンの前で飛び跳ねる姿は爆笑もの。カンサスのメンバーは、顔も名前も誰一人知りませんでしたが、この人の名前は真っ先に覚えましたね。(笑)

ところで、ヴァイオリンは何処・・・?

HMV ONLINE

■CD
Leftoverture - 永遠の序曲
1976年発表。カンサス・サウンドの完成度を増し、300万枚以上を売り上げ大成功を収めた通算4作目。

※リンク先には、細心の注意を払っておりますが、リンク違いや再発により情報が古く なる可能性があります。商品をご購入の際には、いま一度、商品内容をご確認くださいます様お願い致 します。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

笑ったw

昔昔、貸しレコード屋さんでカンサス借りたことがあったような… ギターは随所に聴き処ありますよね。
まさかのパーカッション、からの向き直ってオルガンみたいな感じが、斬新なプログレって感じかしらw スティーヴ・ウォルシュの動きは笑うしかないけど、このバンドは(昔のボストン+スティックス)➗2みたいでわりと好き

Re: 笑ったw

BOSTON や STYX と同じジャンルとして語られることが多いですが、
KANSAS の方が、もうちょっとプログレよりで知的なイメージがありましたね。
全くの見当違いでしたw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/420-1abda543

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い