脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

イエス/ラウンドアバウト

Yes - Roundabout

YouTubeは潮の満ち引きに似ています。大量にあった動画がいつの間にか消えていたり、無いと思っていた動画が知らぬ間にアップされていたり・・・。

ブログをはじめた当初、イエスも散々探して気に入った動画を見つけることが出来なかったのですが、久しぶりに探したところ、有るわ、有るわ、の入れ食い状態でした。

しかし、投稿者に偏りがあるので無くなる時はいっせいに消えてしまうのでしょう。

そんな中から選んだのが、「ラウンドアバウト」です。

スティーヴ・ハウのハーモニクスと躍動感あふれるコード・ワークやリック・ウェイクマンのハモンド・オルガンなど好きな要素満載の曲ですね。

そして、この動画では分かりにくいのですが、クリス・スクワイアのベース・サウンドが何よりもカッコいいのです。

「ラウンドアバウト」を聴くと、いつも幸せな気分になれます。結局、この曲を聴くためだけに『こわれもの』を買ったくらいですから・・・。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

いくらこの世界に暗い私でも、最初の一音が響いただけで、
「ひび割れた地球の前を、レオナルド・ダ・ビンチが設計したような
飛行機が飛んでいる」
あの絵が、ババーンと目に浮かんでしまうほどの、名曲です。
EPから、LPの時代へ移っていったことを背景に、
レコード・ジャケットの役割を、メンバー紹介から、
アルバムの世界観を表現する方向に、確立していったのは、
やはり、プログレッシブ・ロックのアーティストの皆さんですよね。
昨今の、旧譜紙ジャケ化を一番歓迎しているのは、
プログレ・ファンだと思います。
もしかしたら、LPジャケットで持っているのが、
正統派なのかも知れませんが。(^^)

プログレはアートワークの美しいアルバムが多いですからね。
変形ジャケに食指を動かされそうになることもありますが、
コレクター地獄に陥りそうで怖くて手は出せません(笑)。
むしろボーナストラックがあった方が嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/72-e47faf7b

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い