脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

ザ・フー/恋のピンチヒッター

今回は「恋のピンチヒッター (Substitute)」の豪華(?)3本立て!!

まずは、1970年のワイト島フェスティバル。

The Who - Substitute 1970

とにかくイントロのギターが最高です!

出だしの「D」のコード、普通なら同じ押さえ方で弾くのですが、ピート・タウンゼントは最初にハイコードのD、次にローコードのD、続いてハイコードのAを弾いているんですね。そして、どれもベース音に4弦の開放弦を鳴らしているんです。

この微妙な響きの変化が心地よいサウンド生み出しているんですよ。ピートは本当にコードの使い方が上手いですねぇ。

他のライヴは前々からUpされていたのですが、この曲にはギブソン・SG・スペシャルのサウンドが一番お似合いだと思っていたので、「ワイト島」がUpされるまで我慢してました。

どうか、我慢するなよ!という突っ込みはなしで・・・(笑)。

The Who - Substitute Live 1974

1974年、ロンドンの “Charlton Athletic Football Ground” でのライヴです。

この曲のジョン・エントウィッスルのベースもカッコいいのですが、「ワイト島」では音が小さくぼやけていたので載せました。ベースの輪郭がはっきりしていますね。

ピートのコード・ワークのちょっとした間奏が聴けます。ギターはギブソン・レスポール・デラックスです。

The Who - Substitute 1967

最後に1967年、モンタレー・ポップ・フェスティバルです。

短いながらもピートのソロが入っています。ギターはフェンダー・ストラトキャスター。

すべて使用ギターが違うこともあり、結局、3つとも載せてしまいました(苦笑)。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/90-b2bb731f

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い