脳みそサラダ外科

70年代ロックを中心としたYouTube動画の紹介blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

フリー/ライド・オン・ポニー

Free - Ride on a Pony

ポール・ロジャースのソウルフルなヴォーカルに、サイモン・カークのタイトなドラム。そしてポール・コゾフの泣きのチョーキング&ヴィブラート。

フリーの見慣れた風景ですが、この曲の主役はアンディ・フレーザー!!

「ミスター・ビッグ」のように派手なソロを弾いてる訳でも、小難しいテクニックを披露している訳でもなく、簡単にコピーできそうなベースライン。それなのに曲を支配しているのです。

ポール・コゾフのギターが押さえ気味のため、もっとスカスカした音になるはずなのに、アンディのベース1本で音に厚みを持たせている。この曲に限って言えばバンド名が「アンディ・フレーザー&フリー」だったとしても納得してしまいますね。

そしてフリーの曲の多くが、ポール・ロジャースとアンディ・フレーザーの手によるモノ。ここまでベーシストの存在感があるバンドも珍しいですね。

しかし、そんな才能を以ってしてもフリー解散後は芳しい成果を収められず、ニュースになったことといえばエイズ感染。

ブリティッシュ・ロックを代表するベーシストにしては寂し過ぎます。

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

人気blogランキング FC2 ブログ★ランキング

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

コメント

こだわり!

やはり 横揺れベースのアンディー、顔でギター弾くコゾフがいないとFREEじゃないです。私の音楽のルーツはCLAPTONでも ありますがチョーキング、ビブラート、コードワーク,そして気合いはコゾフです。5 6弦で弾けるリフをストレッチで聴かせるのは クラッシックのこだわりですかね.
山内テツは 私が住んでる福岡出身みたいですね。

コゾフのこだわりは、振幅が大きく速いビブラートと
音の響きにこだわったコード・フォーム。
これにつきると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drfred.blog48.fc2.com/tb.php/98-a9bb7882

« 次の記事 |  ホーム  | 前の記事 »

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

プロフィール

Author: Dr.ふれっど

メディアで取り上げられることが少なくなった70年代のロックを中心にYouTube動画を紹介していきたいと思います。

当ブログについて

当ブログの動画はYouTubeで公開されているコードを埋め込んだ物です。
YouTube側で削除された場合、ご覧になれませんので御了承ください。

動画ご覧になるには、Adobe Flash Player(無料)が必要です。「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」よりダウンロードして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

カウンター

HMV ONLINE

Amazon

Simon & Garfunkel: The Complete Albums Collections

新品価格
¥5,411から
(2017/5/15 23:29時点)

細野晴臣 A Night in Chinatown [Blu-ray]

新品価格
¥5,321から
(2017/5/15 23:33時点)

イシバシ楽器 Web Shop

アフィリエイト サービス


登録サイト65万突破のA8.net

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
リンクシェアなら 1円から報酬払い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。